売却のタイミング

失敗する理由とは

投資をしたことがない初心者は、待ちすぎてしまうのが失敗する原因の1つです。
自分が持っている株の価値が順調に高くなっていくと、待っていればもっと高額な価格で売れるようになると思い込む人が多いです。
ですが、株の価値は高くなることもあれば低くなることもあります。
その時は突然訪れるので、価値が一気に無くなって株券がただの紙切れになってしまうことが考えられます。

そんな結果になることだけは、避けなければいけません。
価値が上がり続けている間は待ち続けようと思っていると、失敗します。
ある程度の金額に達したらすぐに売却することで、損することを回避できます。
タイミングが分かってきたら、目標金額を上げていきましょう。

少しずつ株を売る

自分が保有している株の価値が高くなっていても、本当に今のタイミングで売却して良いのか悩む人が初心者に多いです。
ずっと悩んでいることが原因で、価値が下がって大きな損失になります。
全ての株を売ることに抵抗を感じているなら、少しだけ売るという方法があります。

最近は、ほとんどの証券口座で自分の好きな数だけ株を売ることができるシステムになっています。
そうすれば仮に価値が下がった場合でも、損失の数を減らすことができます。
良いタイミングだと思ったら、とりあえず少し売ってください。
さらに価値が上がったら、売る数を増やしてみましょう。
それを繰り返すと、資産がどんどん大きくなりますし最も良いタイミングを把握できるようになります。


B!